PRINCIPLES

ページ概要

ESB™ - Build Shooters」行動指針を説明します。

ESB-Banner_600.jpg

行動指針/活動理念 | EScalation®/ES4™

知識・経験・人材を繋ぎ、ひとりひとりが自分の理想のシューティングを具現化する事で同人シューティング文化に貢献し、
「Enhanced Social-inNOVAtion」の輪を広げ、究極の球体を目指します。

有志募集について

ClickNOW.png

「シューティングゲーム」とは何ぞや?

よく「シューティングゲーム」は(半ばネタとかわざと卑屈に言う人も居ますが)絶滅危惧種だの、既に終わったジャンルだの、
商業では売れないだの言われておりますが、それは私がインターネットを始めた頃から延々と言われ続けております。
確かにファミコンとかのバブル期の様に、取り敢えず弾が出る物を出せば売れる時代なんてのは遥か遠い昔、古の昭和の時代です。
が、実際のところ滅ぶような底の浅いジャンルではありませんし、どちらかというと横スクロールのアクションゲームの方が遥かに少ない訳です。
何故ならアクションゲームの制作はシューティングゲームよりずっと難しいからです。

さて、数年前の伝説復活という騒ぎ「何とかフォースシックス」のプレゼンの時に確信したんですが、
結局はしょーもない連中が“倒れたままなのか”とか言っちゃっているんです。
(彼等の場合、中途半端に持ち出したInterllectual Properyに価値がある事を知っていたから余計に性質が悪かったのはまた別の機会に…)
ここで同時に確信したのは、それは確かな需要は確実に存在するという事です。
“件”の伝説について、あのタイトルは家庭用ゲーム機のシューティングゲームのひとつに過ぎず、
アーケードの様な激戦区を想定した作りからは程遠く、どちらかというと遊び難いものでした。
一度死んだら立て続けに死ぬ、ある武器をあるタイミングで失っていると立て直しが出来ない。
シューティングゲームとしては決して高いレベルではないのに、何度もプレイさせる魅力が在りました。
商業、同人を問わず、あれ以降は自機vs自機の構図も大流行させました、今やクドいレベルで。
薄々悪い、嫌な予感すら十分感じ取れたのにも関わらず「何とかフォースシックス」は予約が埋まる程の話題性、人気の正体…
それが一体何なのかは、ここに来られる様な方に、わざわざ私なんかが述べる必要は皆無ですよね。
「シューティングゲーム(海外でいうSHMUPS)」とは、そういう芸術作品であると、私は信じて疑いません!

余談ですが、アクションシューティングでも同じ様なレベルで伝説的なものがありますね。
「レイノス」ってやつです、何とPS4で復活する予定があるらしい…


青少年の為のシューティング

次代のビデオゲーム文化発展を担う青少年が、夢と希望を持って心身共に健やかに成長し、
射幸心を煽られガチャ破産せず、ゲハやデマ拡散ブログに惑わされず、程度の低い承認欲求で満足する事無く、
自立した個人としての自己、誇り、理想を確立すると共に、若者がビデオゲーム社会における役割を担い、
「ゲームは1日1時間」の本当の意味を知り、先人の教えを尊び学び、日々情熱を持ってその使命を果たしていく事はゲーマー全ての願いです。

この願いの実現に向け、これまでも様々な取組が先人達の手によって行われてきましたが、
家庭や地域社会、匿名電子掲示板群、そしてソーシャルネットワーク…
青少年と若者を取り巻く時代環境の変化と相俟って、残念ながら十分に実現されるに至っておりません。

この様な状況、時として悪循環の中、青少年が健全に成長すると共に若者がその使命を果たしていく為には、
青少年と日々進化する言葉、科学技術の恩恵に対して深い愛情と理解、感謝を持ってして、
青少年の健全育成等についてその進むべき方向性を定めると共に、我々ひとりひとりが青少年の模範となり、
青少年や若者との関わりを認識して相互に協力しながらそれぞれの担うべき役割を果たしていく必要がある。

此処にユーザー、プレイヤー、ビルダー等が一体、一丸、全てを包容する球体となって、
青少年の健全育成等について、弛まぬ努力を重ねる事を決意しこの理念を記載するものである。

シューティングゲームこそは、終わりなき至高の学問。
即ち、決して「東の方向」だけで無く、三百六十度、全世界規模、視界を以って、妥協無く、成長促進、拡散に全身全霊を投ず。


ES4™/EternalSphere®4
EScalation®/ES4™

RAYNEX

  • 最終更新:2015-04-20 22:11:34

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード